【無印良品】タンクトップを着て30℃の以上の日も救われた話

”Tシャツで暑さをしのぎきれなくなり、遂に無印でタンクトップ購入。着心地 & コスパが良く、この夏手放せない1枚になりました。”

何か所か店を回ってみたところ、一番よさげだったのが無印のタンクトップだった

商品名
シルク入りカップ入りタンクトップ 

筆者のサイズ
サイズM 

¥1290 私が店舗に行って買った価格です。

タグが付いてないのもGOOD!

無印タンクトップで過ごすメリット

  • タグがないため取る手間も省け敏感肌にやさしい
  • 伸縮性があって体の動きを邪魔しない
  • チクチクせずストレスなし
  • カップありでも圧迫感ゼロで就寝時も快適
  • 腕を思いっきり上にあげてもカップが上がってこないのは◎
  • 通気性が良くカップも蒸れにくい(蒸れやすいことを理由にカップ付きの衣類は避けていた)
  • カップの取り外し可能でリラックスモードにもすぐなれる
  • 洗濯してもカップのずれが一切なく、洗濯後直しの手間が省ける
  • 洗濯後乾きがはやいので変な匂いが発生しない

ーここから個人談になりますー

タンクトップは私の需要を満たしてくれた。      


 

最近は北東北でも30℃を超える日が多くなりとても辛い日が続いています。

私は人一倍暑がりなことなのもありますが、30℃を超えると風通しの良いメッシュ素材のTシャツでさえ、👚袖部分に熱がこもってしまい不快に感じてしまいます。

袖をまくると涼しいのですが、動いているとすぐに袖が落ちてしまいます。

袖が落ちてはまくり、まくっては袖が落ちを繰り返しているうちに諦めてしまうことに。

結局暑さが逆戻りの状態です。

加齢による体型崩れでタンクトップを着ることから遠ざかっていった   

20,30代の頃は体に変な贅肉がついておらず、家の中でも外でも関係なく暑い日はタンクトップ1枚で過ごせていました。

40代になった途端、代謝がぐっと落ち運動をしていても贅肉が蓄積され続けます。

加齢による贅肉の醜さのせいで、家の外ではタンクトップを着なくなりました。

間もなくして、鏡に映った自分が贅肉ののっかったタンクトップ姿を見るのも苦痛になり、家の中でも着るのをやめてしまいました。

暑さ対策と節電対策のため、タンクトップを着ることに

しかしこの先も毎年この暑さに耐えなければならないのかと思うとうんざりしてきます。

今は一周回って 贅肉の醜さ<暑さ対策と節電対策が勝ち、タンクトップ購入を決意しました。

最後に;

洗濯したら着られないので、もう一枚同じサイズ色の無印のタンクトップを購入しました。

色は迷いましたが、汗や汚れが気にならず安心して着られるので、また黒をチョイスしました。

タンクトップ一枚で着ることに抵抗ある問題は、手持ちの半そで白ブラウスを羽織ることで解決できています。
















【無印良品 公式】シルク入りカップ入りタンクトップ (婦人)

価格:1,290円
(2022/9/10 16:11時点)
感想(0件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました